@viva100s

趣味ベースのログ。映画とか読書とか音楽とか。

グーグル検索、中国再参入の打算と不安

ニューズウィーク10月30日号の
「グーグル検索、中国再参入の打算と不安」という記事が面白かったので、
覚書メモを残しておきます。dマガジンで読みました。

グーグルが中国向けに「ドラゴンフライ」という検索エンジンを開発していて、
中国へ再参入を企んでいるという記事です。
グーグル社内では反発する人も多く、対立が起きているようです。

ドラゴンフライ
  • グーグルが密かに開発
  • 中国政府の検索規制に対応した検索エンジン
  • 社内テストで99%完成
  • 社員に知らされておらず、グーグル社内では多くの人が激怒

グーグルCEOスンダー・ピチャイ
  • 中国への再参入を目指している
  • 訪中して中国政府高官と数回の会合

グーグル検索サービス
  • 中国本土にて2006年にサービス開始、2010年に撤退
  • 直近の2年間で中国での存在感が増加
  • 中国を拠点とする広告部門がある

中国での事業
  • 中国でIT企業が事業を行うには、
    データセンターやサーバーを中国本土に置く必要がある

J1リーグの降格争いは未だ混戦模様

先週の名古屋グランパス対柏レイソルは裏の天王山とも言える重要な一戦でした。
終始攻められていたグランパスは唯一奪えた1点を守りきり1対0で勝利しました。
柏レイソルにしてはやりきれない試合だったことでしょう。

名古屋としてはこの一戦の勝利はものすごく大きかったわけです。
他チームよりも2試合少ないとはいえ、降格圏から脱出できたことは精神的なプレッシャーが少なくなったと思います。

f:id:viva100s:20181022220302p:plain
※2018/10/22現在

10位以下は勝ち点30点台で並んでいます。
長崎がジュビロ磐田に勝っていたらさらにカオスな状態になっていたことでしょう。
残り4試合(台風中止の試合があるチームは5試合、名古屋は6試合)、どうなることでしょう。

柏レイソルが残り4試合を全勝すると+12点で45点となります。
これは現在7位のセレッソ大阪(44点)、8位の清水エスパルス(43点)、9位のベガルタ仙台(42点)も降格圏に落ちる可能性があることを意味しています(低いでしょうが)。ましてや30点台のチームはまだまだ降格の可能性があるわけで、J1リーグは俄然ピリピリとした状態が続いています。こんな状況は珍しい。

グランパスと共に下位にいたヴァンファーレン長崎、サガン鳥栖とは一緒に上がっていきたいところです。ガンバ大阪はいつの間にか上の方に行ってしまいました。監督交代がばっちり決まりましたね。

名古屋グランパスは残り6試合、以下のチームと対戦です。

  • 札幌
  • 神戸
  • セレッソ
  • エスパルス
  • 広島
  • 湘南

4勝すれば勝ち点+12点(46点)で確実に逃げ切れる。
まあそれは難しいだろうから3勝2敗1分の+10点(44点)くらいを望みましょう。

新しいKindle Paperwhiteが発売されるようです(2018年11月7日発売予定)。

新しいKindle Paperwhiteが発売されるようです
来月の2018年11月7日に発売予定とのこと。

防水機能が付き、容量も8GBと32GBを選択できるようになりました。
現在発売中のKindle Paperwhiteは第7世代で容量は4GBのみ。

防水機能があると風呂で読書ができて嬉しい。
すでに発売されているKindle Oasisという端末は防水機能が付いている。
Oasisは容量も32GBを選択できる。
ただ価格が高く32GBを選択すると3万5千円くらいになってしまう。
以前買おうか悩んでやめた記憶がある。

このニュースを見て引っ張り出してきて充電して使い始めた。
Kindle Paperwhite(第5世代)という古い端末。
9800円で買ったみたい(アマゾンの購入履歴から調べた)。
最近はほとんどつかっておらず、ホコリを被っていた。

で、引っ張り出してきてKindleを使ってみると意外と良い。
画面サイズが中度良い。
重さも軽く、電池が持つ。
目が疲れない。

ただ、反応速度はいまいち。
読書中のページングは問題ないが、
文字選択後の辞書起動とか、
ホームからのライブラリなどへの画面遷移はもたつく。

反応速度は、新しいPaperwhiteかOasisを買えば反応は改善されるはず。
なんだか欲しくなってきた。

Kindleは読書しかできないので読書に集中できるのが良い。
その点が、iPhoneやiPadで読むのとは違う。この差は大きい。

しばらく悩んでから決めよう。

FIFA19を買うべきか迷う

昨年ニンテンドースイッチを買ったものの、
ソフトをほとんど買っていません。

持っているのは4本だけ。
自分はほとんどやっていなくて子供専用になっている。

  • ゼルダの伝説
  • スプラトゥーン2
  • マリオカート
  • FIFA18

FIFA18は名古屋グランパスが登録されていなくて、
あまりやっていたなかったんだけど、
最近ちょくちょく遊んでいる(といっても週に1時間程度)。

意外と面白い。

FIFA19では名古屋グランパスでプレーできるみたいなので、
リーグを一回りやって優勝させたいなと。

一週間に3~4試合ずつできればば、リーグ戦を年内に消化できそう。
ちょこっと食指が動き始めています。

FIFA 19 STANDARD EDITION - Switch

FIFA 19 STANDARD EDITION - Switch

「ホモ・デウス」と「遅刻してくれて、ありがとう」

本をあれこれ買っても、全部読むのは無理なので、

今年読む本を決めてしまった方が良いかもしれない。

今年は基本、この4冊にしようかな(まだ買っていない)。

  • ホモ・デウス 上下巻
  • 遅刻してくれてありがとう 上下巻

 

どちらも分厚いし値段もそこそこ。

2000円 × 4冊で8000円。  

メインをこの4冊に絞っておけば、

無駄な積ん読が避けられる気がしている(希望的観測)。

  

冷静に考えてみれば、すでに積ん読本が大量にあるので、
一年くらい本を買わなくても問題ないはずなんだけど。

何故ついつい注文してしまうのだろう?

 

手元に置いておきたいという強迫観念みたいなものか、

はたまた収集癖なのか。 

同じような悩みを抱えてる人が、

結構いるはずなんだけどな…(近くにはいない)。

 

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

 
遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方

遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方