@viva100s

趣味ベースのログ。映画とか読書とか音楽とか。

戸田奈津子さんのオーディオブック「素晴らしき映画人生」を買ってみた

オーディオブックが好きです

社会人一年目で神田昌典氏の「非常識な成功法則」を読んでから、
オーディオブックなどの音声教材をコツコツ買い集めています。

本も好きでよく読みますが、
仕事中や移動中や寝る前の時間にオーディオブックを聞いています。

オーディオブックのメリットは、「繰り返し聞ける」ことだと思います。本を何度も読むのは難しいですが、オーディオブックだと苦になりません。
聞く度に新しい気付きがあります。

影響を受けたCDは山のようにあります。

ということで、おすすめを紹介してもいいのですが、
長くなりそうなので又の機会にします。

戸田奈津子 素晴らしき映画人生

昨夜iPhoneで購入したのはこちらです。
ちょっと迷いましたが買って正解でした。

1時間ほどの戸田奈津子さんの講演音声でした。

自分は声優さんが本を読むスタイルのものは苦手で、
本人が講演しているものを録音した音声が好きです。

こんなことを話していました。

  • 映画字幕翻訳だけで飯を食べている人は日本に10人くらいしかいない
  • 映画字幕翻訳家は英語のヒアリングができるわけではない。7割くらいわかれば良い方
  • 台本(テキスト)を元に訳していく
  • 英語よりも日本語をどれだけ知っているかが大事
  • 30代まで外国に行ったことがなく、外国人と話したこともなかった
  • 映画俳優には専属のスタンドイン*1がいる

値段もお手頃600円なので、映画が好きな人は聞いてみるとよいでしょう。

*1:撮影前に、配光、立ち位置を確認するといった照明や撮影の準備作業のために俳優の代理をする人物のこと。